巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

手紙魔まみ感想213・214

未明テレホンカード抜き取ることさえも忘れるほどの絶望を見た

 

 初句が七字と読むとよさそう。

 『ほどの』とオーバーに言っているが、実際結構余裕があるのではないかと思う。今日日使わない『テレホンカード』を突然思い起こす余裕とユーモアがある、という方向で読み取った。定型を崩してしまう程度には焦りと『未明』という具体性を削ることが出来ないこだわりはあり、そこはリアリティ的効果を持つ。

 

『余裕』『リアリティ』

 

 

きらきらと笑みを零して近づいた、ゆゆ、プリクラに飢えていたのね

 

 ゆゆの様子。プリクラは何だかんだ生き残っているゲーセンのアトラクションという印象がある。言葉にすると昔っぽいが、技術が進歩し続けている気がする、詳しく知らないけど。

 遊びたかったのねーという見守りなのかもしれない。ゆゆが支配権を持っていたような冒頭からすると、関係性が変わったということを表している気がする。

 

『関係性』