巣/人生の意味/植毛

ソシャゲ、漫画、web小説、短歌/サブカル色々/男、専学、誕生年1994/利己翔とも/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

球と棒、宮と塔、世界の中心と世界の果てについて《ナラティブ》

球は言葉としては『定点Cから等距離 r にある空間内の点全体の集合』のように表される。それは角ばっておらず、滑らかである。最も重要なのは等しさ、偏りのなさであり、完全な球体はネットミームとして有名だ。球技というものは球を高速でやり取りするものだが、やはり空間、空気との接触の公平性や衝突時の負担という面で球の形は優れているのだろう。ラグビー程度のアレンジならともかく、バトミントンなどのレベルにまで球性を失わされた競技は球によって行われる球技と全く異なった競技性のもとに成り立っているのではないか。もちろん放言である。詳しいことは知らない。

 

f:id:axetemple12:20200723175822p:plain

続きを読む

政治

政治

まず私が政治に興味を持ったのは大3~4の頃である。ネット右翼だった高3~大2時代もあるが、自分が政治的な存在だという意識もなかったし、大した自我もなかった気がするのでノーカンとしておく。大3~4頃は何か文章を書きたいと思っていたが、さしあたり書きたいことがなかった。本当のことを言うと感傷について書きたいと思ったり書いたりしていたが、それだけでは字数が少ないし迫力に欠けるので、何か箔のつく教訓もテーマにしないとちゃんとしたものにならないと思っていた。そう思いながらTwitterをやっていて、目に入ったのが外山恒一氏だった。

 


外山恒一の政見放送 [2007/03/25]

 

続きを読む

道徳《モラリティ》

 

メタ倫理学入門: 道徳のそもそもを考える

メタ倫理学入門: 道徳のそもそもを考える

 

 

自分は道徳的な人間でありたいという願望が強かったのでよく道徳を勉強したこともあるが、厳密に道徳を運用することは倫理という概念に相当し、道徳は丁度良い中道、極端に偏らない多面的なものの見方を理想に置くものであった。道徳をよく勉強することで身につくのは道徳性というより道徳の抜け道らしい。知ってしまったらもとには戻せない類の知識だが。良心に差し障る価値判断を行う際は倫理面での検討を行い、また自分を含む当事者間での感情を踏まえてバランスの取れた結論を下したいという欲求の丁度良さについて模索する癖がついた、ように思う。威張ることではない気がする。

 

「道徳って本当は何だかわかる?」ベッカーは冷静に相手の目を見つめた。「それは自分の子供を助けるために、知らない子供二人を死なせること。それは誰かを殺したとき、相手の目を見つめていたら何か違いがあると考えること。それは小胆さと臆病さと、誰かに子供たちのことを考えさせないこと。合理的なものじゃないのよ、アマル。 倫理的でさえない」

ピーター・ワッツ. 巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫) (Kindle の位置No.2565-2569). 株式会社 東京創元社. Kindle 版.

続きを読む

幻想再起のアリュージョニストを読んでください

長々と書きたいという気がずっとあるんですが、俺の説得を読んでいる時間があるならその時間をあててでも読み進めてくれと思ったので一回読み方だけでも置いておこうと思います。幻想再起のアリュージョニストを読んでください。最近氏が小説家になろうで連載中のライトノベルです。

https://ncode.syosetu.com/n9073ca/

普通のライトノベルなので第一話から読んでいくのが王道です。設定や伏線が色々あるので分かる範囲で出来事を追っていくのがコツです。そういう気楽読みがラノベの普通の読み方だと思いますけど。他には、俺が好きな回でかつ前知識一切なしでも短編として読める気がする回があるので勧めておきます。

https://ncode.syosetu.com/n9073ca/92/

これを読んで、ここから次の93話へと読み進めるのはちょっとお勧めしづらい(キャラとか把握できにくいと思う)んですが、ポジティブにそういう挑戦をするのもアリかもしれません。実際にはここで気合を貯めて1話から挑むことを勧めたいです。結局のところ全話読んでほしいだけなんですが、長いので勧め方にも一工夫したいなと思ってしまう。現行連載中の5章もまだまだ途中(2020/4/17現在212話)なので全話はある意味語弊があるんですが、次話待機時間も楽しいよ。

あと、『もしサイバーパンク世界の住人がオカルトパンク世界に転生したら~創世のアリュージョニスト~』という二章ifっぽいのが始まり、こちらを読んでもいいかもしれません。個人的には推しキャラのマイカール・チャーラム(149話から登場)を一秒でも早く見てほしいし、どうせハマったら全部読むので本編から読んでほしいですが、そういうルートもあります。

https://ncode.syosetu.com/n0086gd/

好きなweb小説紹介でした。

俺と音楽の話

 やや時系列順。音楽に限定して書こうとするのも諦めたので、『音楽を起点に連想される、俺のろくでもない思い出話またはくだらない意見』とでも言うような内容。貧乏性なので書いた物は載せる。

 

 

続きを読む

日記

大阪、もっぱらの移動手段は自転車だ。抜け道をしようと思ったけれど、工事中で通られない橋があった。かえって遠回りになるというほどのこともなく、折れて団地を通れば直線距離に大して変わりはない。冷たくて乾いた夜の空気。大阪も徳島も、雪なんか降らないのは似たようなところだ。団地の雰囲気も。小学校の頃に遊ぶ友達は団地に住んでいた。あの頃の記憶が甦る。とりたてて良くも悪くもない、ただの記憶として。

あの頃よりずっと自分は自由になったのだろう。六時まで帰る、十時までに寝るといったルールが定められていて、なんとも思わないで従っていたのだった。映画、ゲームどころか、漫画を選ぶのにも親を通さなければならなかった。今は休みの日は何時まで寝ていたっていいし、逆にやる気を出せば日帰りで東京に行くことも不可能ではない。文字を並べてリストを作れば、ずっと自由になっているはずなのに、何が自分を不自由だと感じさせているのか。言ってしまえばそれまで、というつまらない諸々の重なりが、倦怠感や不安感の正体なのかもしれない。幸か不幸か、まだ俺は前に歩くことができるので、立ち向かうのも自由だった。