巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

ラインマーカーズ62・63

約束はしたけどたぶん守れない ジャングルジムに降る春の雪

 

 『春』と直接的に述べられた歌が並んでいる。講演でぼんやりと考え事をしている様子が浮かぶが、『したけどたぶん守れない』の口語調がそのような効果を生んでいる?

 

 

 

うちの猫、ドッグフードが好きなの。と春の鏡の中の美容師

 

 鏡の中では逆になっているのだろうか、という空想を美容師と会話しながら思った、という感じ。『美容師』が『うちの猫』と自分の話をしているのも本来からすると逆であるが、よくしゃべる美容師だな、という作中主体の呆れがあるような気がし、何処から逆になっているのだろうか、と思わせるところがある。カギかっこを使っていないあたり、会話文としてとらえたがらないという感じがある。