巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

ラインマーカーズ感想84・85

素はだかで靴散乱の玄関をあけて百済の太陽に遭う

 

 百済は過去朝鮮半島を治めた国で、国の意識が出てくる。太陽は日の出ずる国といって古代日本で強く意識されたもので、日の丸。裸で散らかった玄関を開け放す行為には反社会感がある。

 

 「反社会」「乱れ」「国」「太陽」

 

 

超長期天気予報によれば我が一億年後の誕生日 曇り

 

 一億年後の天気予報には意味がなく、そのような時代に個人の誕生日を考えることにも意味がない。無意味の意識が強く出る。『曇り』は太陽に反するイメージではある。じめっと暗く、虚無。

 

 「無意味」「虚無」「個人」「時代」