巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

ラインマーカーズ11・12

回転灯の赤い光をまき散らし夢見るように転ぶ白バイ

 

 初句が七音。間抜けな警官シリーズみたいなもののようで、『バナナ』が云々というのが前にあって、下では『パトカー』が出ている。回転灯を付けた状態で転ぶことで光があちこちに飛んで、『夢』のような不思議な感じがした、ということだろう。『まき散らし』から『転ぶ』、『白バイ』は『回転灯』『赤い』から警官であることが想像できるので、五句目には予期される情報しかない。

 

 

 

パトカーと遊ぶ子供らナンバーを色とりどりのガムで隠して

 

 『パトカーと遊ぶ』とはいうものの、実際はパトカーに子供がいたずらしている様子である。子供たちにとって『パトカー』が親しみやすい存在であるらしい。『「ガム」で「隠」して』で韻が踏まれている。『パトカーと』『ナンバーを』もだろうか?心地よいリズムと子供たちが楽しそうな内容がかみ合っている。