巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで斧寺0

友達がいない話と、友達がほしい話

友達がいない話

 僕は親しい友人というものを持てないでいます。一般的な人付き合いもとても苦手で、どうにかして改善を行いたいという気持ちがあり、今回の記事を書くことにしました。

 小学校の時には、僕には普通に友達がいました。一クラスの学年でしたが、僕は全員の名前をフルネームで把握していましたし、必要なら話しかけることができたでしょう。親しい友人もおり、学校が早く終わる木曜日には友達の家で、テレビゲームをして遊ぶことが普通でした。

 おそらく問題は、中学校の時から始まります。僕は市内の中高一貫の私立中学へ進学しました。普通は、近くの公立中学校に進学するのですが、僕は小学校では成績がよい方で、親が公立中学の治安を心配したことなどもあって、そういう進学を選択しました。ここで僕は、重度の人見知りを発揮します。誰にも話しかけず、話し掛けにもほぼ応えられませんでした。きっと友達は作れないだろうという気持ちと、必要ないだろうという気持ちがあったと思います。僕はすぐ孤立しました。一応進学校だったからか、部活動は優先されていませんでした。運動部はそこそこ活発でしたが、運動の苦手な僕がそこへ入るはずはありませんでした。学業成績は中の上くらいでしたが、英語がとても苦手だということが発覚しました。

 その状態で中高一貫の6年間を過ごしました。時々かまってくれる奇特な方がいらっしゃいましたが、失礼な対応をするうちにかまわれる頻度が減ったりしつつ、とにかく私は孤独な学校生活を送りました。小学校の友人とたまにあっても、どうしていいかわからなくなって、結構失礼なこともして、なんだか疎遠になっていました。どんどん人との接し方がわからなくなっていきました。

 大学に進学しても、当然友達は作れませんでした。とにかく人と接するのが億劫でしたし、怖いことでもありました。大学生ともなると、できる人間は人間ができてきていて、うまいこと僕のような人見知りを誘うこともできるようでしたが、彼らと友達と言うほどの関係にはなれませんでした。プライベートな話はしたくないという気持ちが結局強かったのです。

 親などとのコミュニケーションもうまくできなくなってきて、突然泣き出すなどの異常な行動が多くなったりもしました。メンタルクリニックへ行き、社会不安障害うつ病という形で僕の異常に名前がつけられるようになりました。真剣に治療していこうという気持ちが芽生えたわけですが、今のところどうともいいがたい状態です。

 就職活動の時期が訪れましたが、何度か言っているとおり完全に駄目でした。自己主張をすると言うこと事態がとても恐ろしく、他人の前でそんなことができる立派な人間だと、自分のことを評価できませんでした。合同企業説明会に二度行ったきり、就職活動を行うことはありませんでした。

 文系の大学に行きたいなどと言ってみたりもしましたが、なんとなくそのモチベーションも潰えたりしつつ、なんとなくすることがないまま僕は家へと帰ってきました。Civ4やハースストーン(ゲーム)ばっかりやって過ごしたり、派遣社員になったりしたわけです。

 友達がいないことから少しそれましたね。

 

 

 

 

友達がほしい話

 なぜ今私が友達がほしいのかと言いますと、「友達がいない」と言われるととても傷つくからです。自分に言われなくても、誰かが言われているのをネットで見るのでも割ときついです。適切な趣味の会話でもしながら他愛なく時間を有意義に過ごしたい、なんかそんな感じのあこがれのようなものができてきました。基本的に誰かと過ごすのは嫌いということは変わってないんですが、中高時代は本心で友達を欲していなかった。変化したのだと思います。僕は今、友達がほしいです。それがなんなのか、考えるほどにわかりませんが、わざわざ悩むことなのでしょうか。誰だって寂しいことはいやでしょうか。

 自分を肯定してほしいのだと思います。自殺願望は自分の否定から来るように思います。そういうことを考えるようになってきました。構ってほしいけど構いたくは無いと思っているような気がして、どんどん自分が嫌いになってくる。

 「友達ではない人付き合い」にも支障が出ているのは明らかで、こっちがなんとかなればそれでいいとはもはや思っていなくて、結局友達がほしいのだけれど。

  ああーポエムっぽくなった、そういうつもりじゃなかったのに

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 私の学生生活っぽい感覚を描いた漫画として『私がモテないのはどう考えてもおまえらが悪い』という漫画を紹介します。まさにこういう生活をしていたなと本当にリアルなぼっち生活が描かれているので、ぜひ読んでみてください。あちらの主人公は、前学校の友達と友好に接していますが、同校の中での友達でない人との距離感とか、懐かしさがあります。試しにリンクを張ってみるけどこれで問題ないんですかね。

 

https://www.amazon.co.jp/%E7%A7%81%E3%81%8C%E3%83%A2%E3%83%86%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%A6%E3%82%82%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%82%89%E3%81%8C%E6%82%AA%E3%81%84-1-%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9ONLINE-%E8%B0%B7%E5%B7%9D-%E3%83%8B%E3%82%B3/dp/4757534809/ref=pd_cp_14_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=X1WQKBR1DRQXHMVDC2P1