巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

手紙魔まみ感想167168

温泉の効能書きは動物ががんばって書いた言葉のようだ

 

 あまり見られない文であることがそういう印象になっているのだろうか。箇条書きや定型が多用されているだろう。裸で読むことになるので、こちらの気分が動物よりであるのも入っているかもしれない。

「動物の言葉」

 

 

 

 

舌だしたまんま直滑降でゆくあれは不二家の冬のペコちゃん

 

 『直滑降』が切られる位置にあって、勢いに関する言葉に茶々を入れてぼかす。舌と言ってもペコちゃんだと性的な要素が減るしアニメ性が増すので嘘レベルが高くなる。そんな危険な光景に出くわしたことへの焦燥感などとは無縁でのんきな様子も『ペコちゃん』のもつキャラせいだろうか。『不二家』と顛末に拘る様子も焦りがない。

 

「あせりがない」「非現実」