巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

手紙魔まみ感想135・136

菜のはなのお花畑にうつ伏せに「わたし、あくま」と悪魔は云った

 

 『お花畑』は『草原』に近いイメージ、『悪魔』はオカルトとして「非日常」の媒介である。『悪魔』の自己紹介、非日常への導きが草原から始まるというイメージは前歌までのものと被る。繰り返されるモチーフという風だ。

「非日常」

 

 

 

さあ、どうぞ。便秘関係者のためのミステリアスな香りのお茶を

 

 『関係者』は特別であることを強調する。『便秘』というありふれたマイナスの特性を特別であり、プラスであるというイメージへ変換する。『さあ、どうぞ。』『のための』は自分が重視されているという意識を高める。『ミステリアス』がオカルトで、『お茶』は飲み物、『スープ』に近い。前歌と同じで、前々以上前の歌と共通するイメージの繰り返しなのである。

「特別化」「繰り返し」