巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

ラインマーカーズ感想94・95

夕闇に溶けゆく ネーブル・オレンジと蠅をみていたあのまなざしは

 

 ネーブルオレンジはオレンジの一種。国内でも生産が盛ん。果頂部にへそのようなくぼみがあることが由来。旬は3月から4月。

 行動のようなものが『みていた』くらいで、『まなざし』と二十二強調するようになっている。しかも、『あの』とあることから作中主体はさらにこの『まなざし』を眺めていたようであるということになる。

 『ネーブル・オレンジと蠅』はよくわからない、夏っぽい?『夕闇に溶けゆく』さらに腐る。

 

 「視線」「夏」

 

 

都庁窓拭き人がこぼしたコンタクトレンズで首は切断された

 

 突然の『首は切断された』で終わる。その前部分も全体的に整合性が無いようになっていて、『都庁窓拭き人』からおかしく、コンタクトレンズをこぼす、という表現、それで首が切れる、全ておかしい。そういう歌。あくまでずれの連続ということではある。

 

 「違和感」「死」