読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、派遣社員、23/うたのわで斧寺0

シンジケート感想213・214

スイマー

 

 7行程度の文章というか、自由詩があるが、省略する。自由詩の感想は難しい。

 

 

ガソリンを撒いて眠ろう夏の朝かおだけ黒い犬抱きしめて

 

 冒頭から危険物を撒くことについてだが、その後は眠る。『朝』なので夜通し起きていたらしい。犬も起きていたのか。よくわからない。季節は夏。

 

 

 

わざわいは夏降り注ぎママレードの中にのたうつオレンジの皮

 

 夏。

 『のたうつ』と『オレンジの皮』を生きているように表現。ママレードは食パンに塗る用途としての印象があり、朝の短歌らしい気がする。『夏』『ママレード』『オレンジ』が明『わざわい』『のたうつ』が暗だろうが、暗のひらがな表記もあって、暗い印象が少ない。