巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

シンジケート感想153・154

「愚か者の惑星(ほし)からきたの?」ウオーターグリースに浮かぶ気泡みつめて

 

 ウオーターグリースは髪のセット剤。

 誰への問いかけか。気泡に自分の顔が映っているのだろうか。『愚か者の惑星』は独特の言い回しである。あまりの異質さに、自分と同族ではないという予感?気泡の球場に移った顔が、宇宙人めいて見えた?

 『ウオーターグリース』は文字数が多く、長音が二つあるため、短歌としてのリズムにずれができる。

 

 

眠れない夜はバケツ持ってオレンジのブルドーザーを洗いにゆこう

 

 二句目の『夜はバケツもって』は九音で、リズムにずれがある。

 『オレンジのブルドーザー』は特に非現実的な存在ではない。バケツを持っていくというのも常識通りの行動。

 『眠れない夜』は暗いイメージだが、『バケツ』『オレンジ』『(動かず、洗われるものとしての)ブルドーザー』と言った連続のカタカナは明るいイメージ。『洗いにゆこう』も爽やかなしめくくりである。