巣/人生の意味/植毛

短歌について/その他サブカル色々/男、無職、誕生年1994/うたのわで利己翔/ツイッター https://twitter.com/kakeruuriko?lang=ja

シンジケート感想117・118

「自転車のサドルを高く上げるのが夏をむかえる準備のすべて」

 

 『すべて』と言い切っているところに爽やかさがある。背の高い知り合いが来るのだろうか。春から薄着をするような元気のある子なので夏の準備が少ないのかもしれない。

 親に「夏の準備をしろ」と言われて、言い訳しながら出かけて行っているイメージ。

 

 

 

積乱

 

罪の定義は任せるよセメダインの香に包まれし模型帆船

 

 セメダインは接着剤の名前。

 『セメダインの香に包まれし』は『模型帆船』の『模型』の部分を強調する。よくできて見えても工作品だと、接着剤のにおいがきついという嗅覚面からまるで長所のようなプラスイメージを伴った表現で書いている。

 『罪の定義は任せるよ』は意味深な言葉。五七ではなく七五になっている。

 『任せる』と委託しながらも、イメージが表現方法や視点によって異なる評価が可能であるということを『セメダインの香に包まれし』と具体例をあげつつ忠告しているのかもしれない。